>>活動報告>>平成28年度

笠島知事政策局長に要望書を手渡す小野部会長

池田教育長へ要望を行なう小野教育問題特別部会長

教育庁担当者と意見交換を行ないました
12月19日 教育に関する要望を行いました!

 教育問題特別部会が来年度県予算編成に向けて教育関係団体から受けた要望のとりまとめを行い、教員の加配、いじめ対策、学力向上などの重点項目を7項目にわたり整理し、「平成29年度県予算編成に係る教育予算の拡充について」として、教育庁をはじめ知事政策局、総務管理部に出向き、来年度予算編成に反映するよう強く要望しました。

平成28年 9月定例会 建設公安委員会

9月14日
・公共事業の発注状況について
 一般公共事業、県単公共事業の発注目標に対する発注状況について、また、改正品確法への本県の認識と取組状況について質問した。

   >>詳しくは、こちら【T_20160615.pdf】

9月15日
・日本海横断航路の船舶の調達について
 ・日本海横断航路に関して、県と新潟国際海運とパナマ社の間でどのような経緯で船の選定と購入を進めていったのか、知事へ出資の決済を取ったのか。何故、問題が生じていたにも関わらず1ヶ月も知事へ報告しなかったのかを質問した。そして、これから解決へ向けての対処法について質問した。

   >>詳しくは、こちら【T_20160616.pdf】


質疑を行う小野峯生委員
8月5日 建設公安委員会集中審議 知事への質疑が行われました!

 交通政策局への質疑が終了後に45分間の休憩をはさみ、知事への総括質疑が行われました。
 我が党の柄沢正三委員を皮切りに、わが党は小野峯生委員、澤野修委員、佐藤純委員の4名の委員が知事に質疑を行いました。


質疑を行う我が党の小野峯生委員

集中審議の様子
8月5日 日本海横断航路に係る集中審議がはじまりました!

 午前10時に建設公安委員会が開催され、新潟国際海運株式会社の代表取締役の五十嵐純夫社長を参考人として招き、「日本海横断航路計画に関する調査」に係る集中審議がはじまりました。
 建設公安委員会所属委員が最初に質疑を行うことから、我が党の柄沢正三委員、小野峯生議員、澤野 修委員、佐藤純委員の4名が質疑を行いました。


   >>詳しくは、こちら【T_20160805.pdf】

平成28年 6月定例会 産業経済委員会

6月15日
・洋上風力発電について
 洋上風力発電のポテンシャル調査について、風況に関する客観的データの収集、整理・分析や海域利用に向けた制約及び条件等の調査・整理、洋上風力発電ポテンシャルマップの作成について質問した。

   >>詳しくは、こちら【T_20160615.pdf】

6月16日
・平成28年産米の需給調整の状況について
 平成28年4月末現在の主食用米の生産調整の目標に対する現時点での状況について質問した。また、飼料用米の取組状況についても質問した。

   >>詳しくは、こちら【T_20160616.pdf】

6月17日
・多面的機能支払と資源向上支払について
 日本型直接支払の多面的機能支払の活動組織や事業展開について、また、取組要望に対する予算措置状況について質問した。

   >>詳しくは、こちら【T_20160617.pdf】


群馬県担当者の説明受けるPTメンバー
4月28日 鳥獣PT視察 「二日目」

 2日目となる4月28日は雨の中での視察となりました。  午前中は、主にシカの被害対策が行われている2か所の現場視察し、群馬県の担当職員の方々から対策についての説明を受けました。午後からは川場村役場を訪問し、ハンターでもある村長から猿の被害対策の実態について説明を受けるとともに、村長の先導によりサルの大型捕獲檻が設置されている現場を視察しました。このたびの視察の成果については、今後本県の鳥獣対策に係る施策の推進に役立てるべくPTで検討してまいります。


ライフルとクレー射撃場を視察するPTメンバー

ライフル射撃場にて説明を受けるPTメンバー
4月27日 鳥獣PTが視察を行いました!「視察一日目」

 4月27日鳥獣被害対策の先進事例を視察するため、1泊2日の日程で長野県、群馬県へ出向きました。
午前7時30分に新潟県議会を出発し、10時50分に長野庁で担当部局の職員の方から鳥獣被害並びに対策等に係る説明を受けるとともに、活発な質疑応答がなされました。昼には、ホテルにおいて、ジビエ料理を研究・開発している総料理長から説明を受けながら地元でとれた鹿肉を使ったジビエ料理を試食しました。午後からは、長野市役所において農林部いのしか対策課から、鳥獣被害対策等についてブリーフィングを受けた後に質疑応答が行われました。長野市役所での予定を終えたのち群馬県へ向かい、民間ライフル射撃場を視察しました。


inserted by FC2 system