>>活動報告>>平成21年度
H22.2.16 自民党愛媛県連条例制定プロジェクトチームが視察に来県

わが党の議員提案で全国で初めて条例制定された「歯科保健推進条例」について、愛媛県の森康行議員を座長とする10名のプロジェクトチームの方々が政務調査に来県しました。
わが党からは、条例制定当時、実務にあたった小野峯生 財務委員長と、澤野修 党紀委員長が対応させていただき、平成20年7月に制定された経緯などについて関係部局から説明を行いました。愛媛県議会からは条例制定に向けて、熱心な質疑が行われました。
全国初のフッ化物応用等の虫歯予防対策に踏み込んだ内容で全国から注目を集めるこの条例は、わが党が県民の皆様の安全・安心のために制定したものです。


H21.11.17 自民党千葉県議会医療問題議員研究会が視察に来県!

平成20年7月に全国で初めて議員提案で制定された歯科保健推進条例について、自民党千葉県議会医療問題議員研究会所属議員と関係者24名が政務調査に来県されました。
条例制定の経緯などについて、わが党の役員や歯科関係団体、関係部局から説明を行った後、熱心な質疑応答が行われ、大幅に予定時間をオーバーしての説明会となりました。
全国で初めて制定され、フッ化物応用等の虫歯予防対策に踏み込んだ内容など、全国的に注目されるこの条例は、わが党が県民の皆様の安全安心のために成立させたものです。
自民党新潟県連は、これからも県民の皆様の安全安心を第一義に、様々な問題に取り組んで参ります。


H21.10.9 教育に関する要望を行いました

自民党教育問題特別部会(小野峯生部会長)は、教育関係団体の皆様からいただいた要望を、「平成22年度県予算編成における教育に関する要望」として取りまとめ、教育長ならびに総務管理部長に、来年度施策へ反映するよう要望しました。
わが党は、教育は国の礎たる人材育成の根幹であり、新潟県の将来を担う人材の育成を図るため、これからも全力で教育問題に取り組みます。


H21.5.14 子どもたちのためにエレベーター設置を要望

わが党ではバリアフリー化が進む中、3階に体育館を持つという特殊な状況にある村上養護学校いじみの分校のエレベーター設置について、現地を訪問して現状を把握するとともに、エレベーター設置の実現に向け関係部署に要望しました。
※エレベーター設置は実現致しております。



inserted by FC2 system