>>活動報告>>平成18年度
H19.2.9 新潟県がん対策推進条例【案】まとまる!

本日、わが党成長会を中心とした勉強会のメンバーと管径する部局のメンバーで検討会を開催し、がん対策条例の最終案を検討し取りまとめました。
今後、本条例案は2月19日に開会する定例会において審議し、可決された後交付施行される予定です。

新潟県議会初の議員提案による政策条例です。小野峯生が座長として取りまとめました。



H18.12.7 県民の安全と安心の確保ものために真に必要な道路予算の確保を求める!

道路をつくることを目的としている道路特定財源を一般財源化することに関しては反対です。
本県は広い県土と急峻な山岳地帯を多く持ち、また、有数の豪雪地帯も抱えています。交通公共機関も未発達で、何をするにも道路がなければできない状況です。中越大震災や水害連続豪雪災害等による道路の寸断による交通遮断によって、食料、水、燃料、緊急・救急医療、通勤・通学と県民の皆さんが生活して行くうえで必要なもの全てが、道路が無ければ出来ないことが証明されています。
我々は、道路整備の必要性を十分認識し県民の皆さんの安全と安心を守るための道路建設予備の確保のため、これまで政府はじめ党本部へ何度も上京し、道路予算の必要性を強く要請してまいりました。
最終局面を迎えた本日、さらに本県の道路状況を一番良く知っている県選出国会議員団に対して、道路予算の確保を強く要請して参りました。
今後とも道路予算の確保に向けて頑張りますので、皆様方のご理解とご支援をお願い申し上げます。



H19.1.11 少子化対策として泉田知事に 乳・幼児医療費助成事業の拡充を広く求める!

少子化、高齢化が加速度的に進むなかで、特に本件の合計特殊出生率は全国平均に比べて低減率は著しく、高齢化率は逆に高い伸びを示しております。
 医師会をはじめ、わが党友好団体や支部、県議から強く要望がなされていたことから、この度、新年度予算編成に向けて乳・幼児の医療費助成の適用年齢の大幅な拡充を行うよう、知事に強く要望いたしました。
 泉田知事も理解を示され、新潟県の将来に大きな役割を果たす子供達の医療体制の拡充として、中学就学前までの大幅な適応年齢の拡充を目指すと力強く約束していただきました。


H18.11.24 来年度予算要望説明会開催!

平成19年度県予算編成期を迎え、友好団体50数団体から予算に関する要望が寄せられております。
本日は、特に口頭説明を希望された30数団体の皆さんが参集し、県連役員が3班に分かれ朝から午後まで皆様方の要望をお聞きいたしました。
お聞きした要望については、自民党支部、県議の要望と県の部局の主要事業と併せて、来年1月に知事へ要望し、その実現方を要請する予定です。
厳しい県財政状況ではありますが、県民の皆さんの安全と安心を守るための施策に関しては、最優先で執行するべく泉田知事とともに頑張ります。



H18.10.6 北信越ブロック 幹事長・政調会長会議開催される!

新潟・長野・富山・石川・福井の北信越5県が福井市に参集し、来年度国家予算に対する重点要望及び当面する諸問題について会議を行いました。
本県からは、石井幹事長・小野政調会長が参加し、小野政調会長から新潟県が要望している11の重点事項と中越大震災にかかる6項目の要望を党本部から派遣された宮腰光寛政務調査副会長に強く要望すると共に、石井幹事長が公共事業における低入札の現状や農業問題、新幹線在来平行線の問題、拉致問題、子供の親殺しや親の子供殺しなど道徳心の問題等を提起し、今後党本部においても早急な対応を行うよう、宮腰光寛政調副会長に強く要請いたしました。



inserted by FC2 system